屋根から落ちる雨水を樋という材料を使い水を排水溝に流すための工事になります。

雨どい修理・補修は、早めに対策を行わないと家全体の老朽化の原因に繋がります。

雨どいがないと、屋根から外壁に雨水が流れ、外壁の劣化が進み、さらに、屋根から地面に直接水が落ちた場合にも、住宅の基礎部分が老朽化しやすくなります。雨どいは、普段あまり気にされることがない部分かもしれませんが、住宅全体を守るために、とても大事な工事です。

雨どいが壊れる原因

経年劣化

経年劣化により外れていたり、穴が空いていたりして、雨漏りを引き起こします。早めの交換工事をお勧めします。

雨どいの詰まり

住宅の近くに樹木がある場合、雨どいに落ち葉やゴミが入り、集水器のところから、雨水があふれだしてしまいます。その場合、雨どいの落ち葉やゴミを取り除き水が流れるようにします。住宅の近くに樹木があり、何度も繰り返すようでしたら、落ち葉除けネットといって、雨どいに落ち葉やゴミが入らないようにする工事もおこなっているので、ご相談ください。

風や雪による被害

昨今の異常気象による、突風や積雪による、雨どいの破損や不具合がとても増えています。悪化してしまう前に、ご相談ください。

雨どい工事は建築板金業の専門業種です!

専門業者の地域密着で頑張る奥吉建築板金工業にお任せください。