屋根は、普段に生活の中では見えにくい高い位置にあるため、劣化の度合いがわからず雨漏りが発生して初めて劣化が進行していることに気づくというケースが多い箇所です。

屋根工事には、カバー工法と葺き替えとあります。

カバー工法

既存の屋根はそのままに、その上に新しい屋根を載せて覆う施工方法を屋根カバー工法といいます。

下地自体はしっかりしているが、屋根材が傷んでるといった場合は、葺き替えよりカバー工をお勧めします。

古い屋根材を解体する必要がないため、工期の短縮、工事費用、廃材処理費用などを、抑えられるため、施工金額が葺き替えに比べて安くなります。
屋根が二重になることで、断熱性・防音性の向上に期待できます。

上から被せる新しい屋根材には、耐震性を考えて軽い金属屋根を利用するのがお勧めです。色々な屋根材がありますので、ご相談ください。

葺き替え

既存の屋根を解体・撤去して新しい屋根に交換する施工方法を葺き替えといいます。

構造上の問題や雨漏りや経年劣化により屋根がひどく傷んでいたり、下地にまで影響している場合は、葺き替え工事を行う必要があります。

最近では、地震や台風などの対策として軽い屋根に取り替えたいというお客様が増えています。

地震で瓦が、ずれた
台風で瓦が、飛んでいった

と、いった理由から一般的な瓦屋根を軽量な金属屋根に葺き替えると、重さは約10分の1に軽減され、建物への負担が減ることになり、地震時の被害が小さくなったり、台風時に瓦が飛んでいってしまう心配もなくなります。

屋根工事は建築板金業の専門業種です!!

専門業者の地域密着で頑張る奥吉建築板金工業にお任せください。